Holmes開発者ブログ

契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」の開発者ブログです

FirebaseのCloud Firestoreを試してみた

この記事は Holmes Advent Calendar 2020 - Qiita 23 日目の記事です。


こんにちは!株式会社Holmesでエンジニアをしている北原です。

私は、2020年の4月に新卒でエンジニアとしてjoinさせていただきました。当初はSpringFrameworkとThymeLeafで開発を行っておりましたが、現在は弊社で使用している技術であるVue.jsの業務にシフトしてきたので絶賛キャッチアップ中です!

その学習も兼ねて、趣味の範囲で小規模なWebアプリケーションの作成を考えているのですが、「storeのデータを永続化させたいけど、DBとかバックエンドの処理が動くサーバが必要だし、コストがかかるなぁ...」という課題が生まれてきました。

そこで目をつけたのがこのFirebaseです。

Firebaseとは

FirebaseはGoogle社が提供するmBaaS(mobile Backend as a Service)で、DBサーバの管理や保守なしでデータの永続化ができ、そのほかにも様々な機能が提供されています。

その中で今回使用するのはCloud Firestoreになります。

Cloud Firestoreについて

最大の特徴はリアルタイムでデータが同期される仕組みで、接続するクライアント全てにおいて同期を行っているので、変更が瞬時に各クライアントに適用されます。

また、オフライン上でも各クライアント上にデータがキャッシュされており、オンラインに戻ると瞬時に同期されます。

データの保存形態に関しては、ODBMS(Object DataBase Management System)となっています。
Cloud Firestoreの場合は、コレクション呼ばれるものの中にドキュメントが多数存在し、それぞれのドキュメントはデータを持っている。といった具合です。

例えば...

  • コレクション = ドキュメントを管理するフォルダ
  • ドキュメント = フォルダ中の書類
  • データ = 書類に書き込まれた文書

といったようなイメージをすると少しわかりやすいかなと思います。

検証環境

※ npmインストール済です

  • OS : macOS Mojave 10.14.6
  • editor : Visual Studio Code v1.52.1
  • npm : v6.14.8
  • project : Vue 3 ステート管理はVueX

VueにおけるFirebaseの設定

  1. Firebase Consoleにログインします
  2. プロジェクトを追加を選択します

    1. プロジェクト名を決めます f:id:k-kitahara:20201221203428p:plain
    2. Googleアナリティクスを利用するか決めます(利用するのであれば) f:id:k-kitahara:20201221203711p:plain 3.Googleアナリティクスのプロパティを作成するアカウントを選択します f:id:k-kitahara:20201221203812p:plain
  3. 作成したプロジェクトを選択して、トップのウェブをクリックします f:id:k-kitahara:20201221204130p:plain

    1. 利用するアプリ名を決めます f:id:k-kitahara:20201221204205p:plain
    2. Firebaseの設定をコピーします f:id:k-kitahara:20201221204230p:plain
  4. プロジェクトのルートで下記のコマンドを実行して、Firebaseのモジュールをインストールします
    $ npm install firebase

  5. src/main.jsに手順3-2でコピーした設定をペーストし、必要な部分のみ保存します f:id:k-kitahara:20201221205520p:plain

以上で、Firebase利用のための設定は完了です。

データベースの作成

  1. Firebase Consoleにログインします
  2. 作成したプロジェクトを選択して、左側のサイドメニューからCloud Firestoreを選択します f:id:k-kitahara:20201221205915p:plain
  3. データベースの作成を選択します f:id:k-kitahara:20201221205947p:plain
    1. セキュリティの保護ルール設定を選択します(テストモードにすると全ての操作を受け付けるので、初期設定では本番環境モードにしてから、適宜セキュリティルールを書き換えていく形が良いと思います) f:id:k-kitahara:20201221210119p:plain
    2. データ保存先のリージョンを選択します f:id:k-kitahara:20201221210255p:plain
  4. ルールのタブを選択します f:id:k-kitahara:20201221210313p:plain
  5. セキュリティルールをアプリケーションに合った形で書き換えます(アクセスするデータベースのパスに対して条件付きで権限を付与していきます。具体的な記法はこちら。)

コードの記述・画面からの操作

  1. VueXのアクションに、Cloud Firestoreにデータを追加する処理を記述します f:id:k-kitahara:20201221210755p:plain
  2. 画面から、処理を記述したアクションを呼び出すと追加されています!! f:id:k-kitahara:20201221210901p:plain

感想

無料版だと多少の制限はあるものの、DBの構成管理なしでデータの永続化が実現できるのは手軽で便利です!

ここの手順では記載しておりませんが、GoogleFacebookなどの認証も対応しており、それらを通じたアプリケーションのログイン/ログアウト機能を実装できたりするので、Webアプリケーションの構築がよりスムーズになるかと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

私もまだまだ触り始めたばかりではありますが、今後も少しずつ理解を深めていきたいと思います!

Holmesではエンジニア・デザイナーを募集しております。ご興味がある方はこちらからご連絡ください。

lab.holmescloud.com

lab.holmescloud.com